トレッドとは


 

自動車のタイヤには路面と接する部分(トレッド)にトレッドパターンと呼ばれるパターンデザインがあります。
パターンデザインはタイヤにとって重要な役割をもっており、4つに分類されます。
車の駆動力、制動力を路面にしっかり伝える。
路面の水を排水しタイヤと路面をしっかり密着させ、制動力を、操舵性を確保する
騒音を抑え、乗り心地を向上させる。
など重要な役割をもっています。
トレッドパターンはリブ型、ラグ型、リブラグ型、ブロック型の4つに分類されます。
リブ型とはタイヤに対して縦にパターンが入っており、直進安定性が高い、排水性能が高い、横滑りに強い、転がり抵抗が少ないなどの特徴があります。
ラグ型とは駆動力屋、制動力に長けていますが、排水性能がリブ型と比べると劣ります。
リブラグ型とはリブ型とラグ型の両性能を兼ね備えています。
ブロック型とは駆動力、制動力に長けており、一般的にオールシーズンタイヤやスタッドレスタイヤに使われています。
そして一般的に乗用車にはリブラグ型を使われており、ラグ型やリブ型はトラックなどに使われています。
排水性能が下がってしまうとハイドロプレーニング現象を起こしやすくなるので、残り溝が少なくなってきたら早めに交換しましょう。

 

コメントは受け付けていません。