タイヤの素材


タイヤは車だけではなく、自転車や車いすなど幅広いところで利用されています。日常生活には欠かせないタイヤですが、タイヤの素材についてはゴムであること以外はあまり知られていないようです。タイヤはカーボンと硫黄をゴムに混ぜた素材からできています。カーボンはゴムに混ぜることで強度が増し硬くなります。カーボンだけでは固いだけなので硫黄を混ぜることで弾力性を加える事ができます。タイヤは内側にカーカスコードと呼ばれるタイヤの骨格とも呼べる部品にトレッドと呼ばれるゴムを巻きつけてできており、タイヤの骨格です。原材料はポリエステルなどです。ストッキングに使われているポリエステルの30倍もの太さです。昔は木綿が使われていたこともありますが強度のために重ねていたこともあり燃えやすいという欠点がありました。ポリエステルはピアノ線でまとめられ膨らませることでタイヤの形になります。また、トレッドゴムは車の走行性能に直結することもあり、配合やトレッドパターンと呼ばれるタイヤの溝を各社で研究しており、トレッドパターンは雨や雪が溶けた水分をいかに排水するかが研究されています。スタッドレスタイヤも同様ですが、排水の他にいかに接地面を増やすい滑りにくいタイヤパターンにするかも研究されています

コメントは受け付けていません。