タイヤの仕組みと役割


車を運転する人なら、必ず目に入るパーツがあります。タイヤと名付けられていて、丸いフォルムに例外を除いて黒色の出で立ちをしていることがしばしばです。前に転がろうとする力が働くので、車が移動するために重要な役割を果たすと考えられます。車両の前後左右に1つずつ取り付けられることは車の所有者であれば既知の事実であり、車のパーツとして利用する際にはこれ以上の使い方はありません。それ以前の知識として蓄えておいて損がないのは、硬質のゴムを加工されていることです。ゴムとはいえ人間の手で押してみても、弾力性を感じるものではありません。車の直進性能をより良いものにするために、適度な固さを保つように工夫されるからです。また、色が黒いのはゴムの加工薬品が黒いからです。意図的に着色しているわけではなく、偶然にも黒色に染まる薬品を用いているので、全体が黒くなります。車を前に進める意外にも、大切な役割があります。運転中に道路から伝わる振動が、ドライバーの体に伝わりにくくするというものです。普段の運転で快適に移動ができるのは、衝撃を吸収してくれる4つのパーツがそれぞれの役割を果たしているからです。車にとって無くてはならない存在と言えます。

コメントは受け付けていません。