タイヤの仕組み


 

タイヤの構造は、様々な部分で構成をされています。重いものを支えながら回転をしているので頑丈な構造となっています。空気の漏れを防いで外部からの衝撃も受け止めます。トレッド部分は、路面と接するところです。カーカスを保護しています。外皮であり、スリップを防止する役割があります。また、内部を守る役割があります。水を排除する役割もあります。ショルダー部は、肩の部分です。ここもカーカスを守る部分です。サイドウォールは、屈折の激しいところです。カーカスを守っています。ビートの部分は、リムに固定をする役割のある部分です。この部分は高炭素の鋼を束ねています。ベルトは、補強帯として張られています。スチールコールドから成っています。カーカスは骨格をつくっている部分です。ポリエステルなどで成っています。その他にもナイロンなども使用されています。衝撃を吸収します。そして、空気圧に耐えます。
衝撃の緩和そして運転性能の安転生を目的としてつくられています。ゴム製であり、内空構造が基本です。中には空気、窒素などの気体が入っています。自動車用のものは、1895年に初めて使用されました。この期に安定性に優れた空気入りのものは普及しました。

 

コメントは受け付けていません。