タイヤはどうして黒いのか?


自動車のタイヤの色は黒が一般的です。タイヤには合成ゴムが用いられており、ゴム単体では輪ゴムのように茶色っぽい色をしており、黒ではありません。タイヤが黒い理由はタイヤの強度を高めて摩耗しにくくするという目的で、ゴムに大量の黒鉛粒子(カーボンブラック)が強化剤として混ぜられているからです。カーボン粒子自体は大変硬いので耐摩耗性に優れる材料です。タイヤに用いられている合成ゴムは路面との摩擦を低減し、変形することで路面の凹凸によって生じるショックを吸収し、空気を閉じ込めておくのに優れた材料です。その一方でゴムは路面との摩擦により摩耗し(消しゴムで路面を擦っていると考えたら分かりやすいです)、劣化が生じやすいという欠点があります。そこで、タイヤのゴムのもつ欠点である耐久性の低さ、摩耗に弱いという問題を解決するために、タイヤのゴムには安価で耐摩耗性に優れたカーボン粒子が合成ゴムに大量に添加されており、タイヤの色が黒いのもこのカーボンの粒子に由来しています。大半の自動車用タイヤにはカーボンが添加されいて黒いのですが、一部のタイヤにはカーボンの代わりに強化剤としてシリコン粒子が加えられているものがあり、シリコン粒子が加えられたタイヤは黒ではなく白色を呈しています。

コメントは受け付けていません。