サイドウォールとは


 

サイドウォールとは、車のタイヤの側面のことを指します。メーカーの名前やサイズ、製造国などが書かれてあることがあり、とても大切な部分です。タイヤの形をつくっていますし、タイヤの伸び縮みを行うことで路面の凹凸を吸収したりしています。ゴムやワイヤーなどのいろいろな素材でつくられていますが、地面に接触している部分であるトレッドよりも、とても薄いです。そのため、空気圧が不足したり、壁にこすれたりして接地すると、簡単にパンクしてしまう可能性が高いので、注意が必要です。空気圧が不足するだけでなく、サイズの合わないホイールにタイヤをつけてインチアップさせると、接地してしまう可能性が高くなります。また、この部分はパンクしてしまうと、そのままタイヤを使うことが出来なくなります。補修が出来る可能性が低いためです。とても薄いためです。表面に傷が少しついただけでも、高速走行した時に温度が高くなって空気圧が高くなると、一気にバーストしてしまう危険性があります。そのため、タイヤの点検をする時は、この部分もしっかりとチェックするようにします。少しのキズであっても見つけた場合は、高速走行させずに、プロに相談するようにしましょう。

 

コメントは受け付けていません。