カーカスとは


車のカーカスとは、タイヤの骨格をつくっているコード層の部分のことを指します。コード層はプライとも呼びますが、ゴムでおおったコードを貼り合わせ、層としたものです。タイヤの受ける荷重や、路面からの衝撃、充填空気圧に耐えるための役目を持っています。タイヤの種類、サイズによって、素材はいろいろと異なってきます。ポリエステル、ナイロン、レーヨンコードなどが使用されています。配列のタイプによって、放射状と斜めがあります。プライはプライレーティングの略称で、補強材のことを指しています。昔は木綿糸で編んだベルトのことを指し、これをタイヤの内部に巻き付けて強度を確保していました。強度を増すために、何枚も巻かれることがあったため、タイヤ自体の強度の指標としても使われるようになりました。タイヤのビードも補強部です。スチールワイヤーを束ねて、ゴムでおおったリング状の部分のことです。空気を入れた時に、タイヤをリムに固定するという役目をもっています。一番内周にあるものなので、ホイールに接している部分です。気密性がよくなければいけませんので、ビードに傷が入ったりすると、空気漏れの原因になってしまいます。断裂してしまった場合は修理は難しいです。

コメントは受け付けていません。