ベルトとは


タイヤはゴムで出来ていますが、内部は複雑な構造をしています。
耐久性の向上や働きを高める設計が行われる事で、安心して命を任せられるタイヤが利用出来ます。
摩擦力を発揮したり横滑りを防ぐ表面も大切ですが、内部を支えるベルトは大切な役割があります。
表面のゴムであるトレッドと、骨格として重要な役割のカーカスの間に位置して、お互いを結び付けるなくてはならない存在です。
衝撃を吸収して和らげたり、遠心力などでタイヤを変形させない事が欠かせず、タイヤ本来の性能が発揮されないと走りに問題が生じます。
一般的に細いスチールが使われますし、簾状に加工して使う事で、柔軟性と強度が両立して実現しています。
全く変形しないタイヤは、衝撃を吸収する事が難しく、柔らか過ぎるタイヤでは安定性が損なわれます。
絶妙なバランスがタイヤには求められますから、現代の製品は構造が複雑になっていますし、表面に使われる材質の選定や改質だけではなく、内部の補強材も同時に見直されています。
目にする事が少ないタイヤの内部ですが、車に乗る人に関わるパーツで、日常的に命を預ける存在ですし、構造を学んで知る事は大切です。
タイヤの買い替えは後回しにされますが、重要性に気が付けると見かたや扱いも変わります。

コメントは受け付けていません。