車のタイヤ解体新書

 

自動車の構造上最も重要なのはエンジン部です。エンジンは人間で言うところの心臓部分に当たります。そこが故障してしまうと動かすことも出来なくなります。そのために新車を購入した後のメンテナンス作業はしっかりと行うべきです。大体半年や5000キロを目安にオイル交換を行います。日々のメンテナンスは大切です。そしてタイヤも大切です。タイヤは車の足のようなものになります。そして日々チェックすることが大切です。どこをチェックするのかに重要性があるのかというとタイヤのすり減りや溝が削られていないかを見ることです。溝が深かったりした場合バースト、いわゆる破裂に繋がっていきます。いつまでも同じものが利用できるいうのは大間違いです。使用すればするほど劣化していきます。ゴムが緩んでひび割れしやすくなったり、溝がなくなってスリップしやすくなったりすることがあります。使用状況や環境にもよりますが、走行距離が長い人や2年以上同じものを使い続けている人はこまめにチェックが必要です。交換するべきか自分で判断できない人はガソリンスタンドや整備工場に持っていって見て貰うことも可能です。足となる部分から適切なメンテナンスを行うことで長く乗ることが出来ます。